余作の手話っと学ぼう

注1・・・耳が聞こえない方を聾唖者(ろうあしゃ)と書いてあります。

注2・・・耳が聞こえる方を健聴者(けんちょうしゃ)と書いてあります。

注3・・・()()は良いイメージと悪いイメージです。

ここでは、手話の良いところを紹介します。まず手話の良いところは、映画館や電車の中、遠くにいる人に大声を出さずに伝えられるなどあらゆる所で会話するのにとても便利です。また、他人が表している手話を読み取ることができます。逆に悪いところは、他人からみると『あいつ何やってんの?』や『何の手話をやってんだろう?』とじっと見てしまい、自分では考えているのだが、相手からしてみるといイヤダナァという嫌な気分になってしまう。(余作本人の考え)

最初の頃は、顔の表情を変えて嬉しいときの(^o^)や嫌だったときの(>_<)など様々なことが出来ませんが、慣れると徐々に顔に変化が出てきます。

 

ここからは、色々な方々に手話で話しているのをみてどう思うか?(手話の良いところと悪いところ)を聞いたときに返ってきた答えを載せる。(文をそのまま引用)

 

手話の良いところ・悪いところ

 

ボランティア先の先輩と先生に聞いたところこのような答えが返ってきました。

手話で話しているのをみてどう思うか?という質問をしてみたところ、下記のような回答がでました。

 

【ボランティア先の先生の返事】

特にどうも思いません。もちろん悪いイメージなんてないし、その人がきっとあたたかい人なんだなぁ、だから手話を勉強して言葉の通じない人と会話をしているんだなとかそういった感想を抱いています。

 

【ボランティア先の先輩1】

個人的には、悪いかな?て言うか、俺的には嫌いです。でも、人それぞれだし・・・

 

【ボランティア先の先輩2】

特に何とも思わないけどね(^_^)vまあ、誰もがそう思える社会に案ってほしいんだけどね。

 

高校の友人に聞いたところこのような答えが返ってきました。

手話で話しているのをみてどう思うか?という質問をしてみたところ、下記のような回答がでました。

 

【高校の友人1】

() まぁ、手話かなんかで会話しているんかぐらいにしか・・・

 () 悪いイメージといわれてもなぁ・・・知らん人から見たら訳分からん風にしか見えないんだろう

 

【高校の友人2】

() ひとつの伝達手段として有効だと思う。

 () ジェスチャーどうしの会話。そんなイメージを持つ

 

【高校の友人3】

() どんなことを会話しているんだろうと、気になる。表情も勿論ながら、様々だし。健聴者が会話していても気にならないが、手話で会話していると、なぜか気になる。

 

 () 真っ先によく生きられるなと感心する。いい忘れた。幻滅してもいいから。自分だったら、死を選ぶだろう。耳が聞こえないということは、単純に五分の一以上は人生がつまらないはずだから。何故かって?人間は通常、常に五感がある。目は、様々な社会や自然の美しさが映る。感触は、水の滑らかさや痛さ、やわらかさとかさ。味覚は、日本食のこの上ない深み。嗅覚は、花や食べ物、異臭とかの感覚が伝わってくる。最後に聴覚、耳が不自由でも幸い手話という形で人と対話できる。でも、それだけ。通じないものもたくさんある。音楽、水の流れる音、鈴虫が出す音、余作の好きなラジオ、それは、決して対話で説明出来ようもない。それだけならまだしも社会生活において、例えば電車の音声案内、TVの情報(手話を行っている番組もあるが、あまりにも少ない)も翌日の朝刊とかで知るしかない。たとえ、親が住む地域で大地震が起きても。加えて生活面。どのようにして働き、収入を得ているかは知らないけど、業種もかなり限定される。今の日本では。つまり人間である故に、ただそれだけを根拠とした基本権としての職業選択の自由も剥ぎとらざる術もない。人間であることには変わりはないのに。極端な話、憲法から見放された存在でもある。結論、聾唖者の方々は生きていて楽しいのだろうか。先程五分の一という端書があったが、それだけでも大変な苦労だ。指を切っただけでも辛いのに。逆の意味で聾唖者の方々はなんて強いんだろうと関心する。

追伸 学校の友人3の姉にも聞いてみた。混雑したなかで手話はやめてほしい。それと、耳が聞こえないのに大声で中途半端な言葉を喋りながら手話をすること。以上が返ってきた返答だそうです。

友人に聞いたところこのような答えが返ってきました。

手話で話しているのをみてどう思うか?という質問をしてみたところ、下記のような回答がでました。

 

【友人1】

 () そうだな、俺は別に気にならないが、ただ気を使うかもしれないな。

 () 手話の悪いところか・・・やはり喋らないで会話すること事体が違和感を覚えるという事はあるかもしれないな。最も自分がずれているからそれ位にしか感じないが。

 

【友人2】

 ()「あ、手話している」や「何話しているんだろう」ってな感じで、じっと見つめて考えてしまう。

 ()うーん。そもそも悪いイメージは、湧かないかな。

でも、外国人が外国語で会話している時にどう感じるかは人それぞれで、手話も同じだと思う。だから、理解できない言語で会話されて、フラストレーションが溜まる人もいるんじゃないかな。

 

余作の結論・・・真っ先の思ったのが、聾唖者でも全員が喋れないという訳ではありません。なぜなら余作と仲のいい聾唖者は、ハッキリと会話もできます。確かに喋ることが困難な人も沢山いると思います。だが、会話ができないからといって会話するのはやめていただきたいと思います。手話が出来なくてもいいんです!!(ジョン・○ビラ風)つまり、聾唖者は口話(口の動き)で読み取ってくれるし、筆談でコミュニケーションがとれるからです。よって聾唖者の人に声を掛けられても嫌がらずに積極的に関わってください。

戻る

トップまで戻る