BSE問題、アメリカへ答申案提示へ。について(私見)―05.10.05記述

ここに書かれているのはあくまでも新聞記事などについての「管理人の私見」です。鵜呑みにしないでください。

このような記事を発見しました。以下引用です。

見通し立った−細田氏 米国産牛肉輸入再開で (共同通信「10月5日」より引用・一部改訂)


 細田博之官房長官は10月5日午前中の記者会見で、米国産牛肉の輸入再開問題について、内閣府食品安全委員会プリオン専門調査会が輸入再開に向けたアメリカへの答申案を10月中にも取りまとめる方向となったことについて
「政府として歓迎している。この問題はできるだけ早期に解決したい。明るい展望で、1つの見通しが立った」
と高く評価しています。

 ただ、年内再開の見通しに関しては
「まだ明確に申し上げないことが適当だ」
と明言は避けており、その上で
「あくまでプリオン調査会の科学的な分析、決定を政府は尊重していく。国民の安全が大切という観点でゴーサインが出るのが大事だ」
と強調しました。



なお、記事原文はこちらから・・・。

米国産の牛肉輸入が禁止になって早数年。日本とアメリカの議論は未だに平行線のままです。
日本は牛肉輸入再開の条件として「輸入牛肉用の牛のBSE全頭検査の実施」つまり、日本と同様のBSE検査方法の導入(全頭を詳しく調べる方法)を強く求めており、一方アメリカは「部分的なBSE検査は全頭行うが、詳しい検査は行わない」と頑なに拒否しており、議論はまったくの平行線です。

さて、細田官房長官は、アメリカへの答申案が10月中にも作成できることに高い評価を与えていますが・・・、これをアメリカが受け入れるかが問題です。
万が一アメリカ側に譲歩した内容の答申案、つまりBSE検査方法の簡略化を容認する内容だとしたら・・・。
皆様は牛肉を食べられますか?

日本は譲歩をするべきではありません!断固として牛肉の安全を訴えるべきです。


戻る

トップまで戻る