日本人の平和ボケについて(私見)―05.01.03記述

ここに書かれているのはあくまでも「管理人の私見」です。鵜呑みにしないでください。

最初にお断りしますが、今回はやや曖昧な情報があります。情報の確認を取ろうとしたのですが残念ながら大きい事件ではなかったため、事件記事を発見することができませんでした。

1月2日午後9時前のスポットニュース(どこの局かは覚えていません・・・)でこのような内容の事件が取り上げられていました。

1月2日の夜(何時ごろかと場所は覚えていません・・・首都圏ではあると思うのですが)、40代の女性が買い物から戻り自宅の車庫に車を入れようとしていた際に、見知らぬ男(年齢は50代と言っていた)が近づいてきて「金を出せ」と脅してきたそうです。女性は車の窓を開けて「金なんか無い」と言ったそうです。すると、その男は懐から包丁を取り出し、女性の胸を刺して逃走。女性は幸い命に別状は無かったそうです。なお、その男が捕まったかの情報はありません。

さて、犯人の男の短絡的な行動は度外視しますが、問題は被害を受けた女性の行動です。
あなたは車に乗っていて停車中に、見知らぬ男が接近してきて「金を出せ!」と言ってきたらどうしますか?
1、車の窓を開けて「金は無い」と言い放つ 2、無視して車のエンジンをかけ逃走する

これは「2」を選ばないと危険です。わざわざ窓を開けて相手を挑発するような言葉を言う必要はないのです。「ああそうですか」と男が引き下がる可能性は極めて低いですし、凶器を持っている可能性は考えられたはずです。この被害を受けた女性には気の毒ですが、もう少し自分の状況を考えるべきだったと思います。

現在の日本は犯罪発生率が増加しています。無差別的な犯罪も多くなってきており、20年以上前の平和神話は崩壊していると言っていいでしょう。そのため「平和ボケの日本人」自己防衛を身に着ける必要があります。

極端な例ですがこのような話を聞いたことがあります。

アメリカの市街地の路上で一人の日本人女性が歩いていたところ、後ろから15歳ぐらいの少年にひったくりに遭ったそうです。被害に遭った女性はすぐに英語でその加害少年を捕まえてくれるように周囲に求めましたが、誰も手伝ってはくれなかったそうです。

さて、あなたがその場に居合わせた場合はどうしますか?
1、その少年を捕まえようとする 2、警察を呼びに行く 3、気の毒だが何もしない

さて、この場合は「2」が妥当だと思われます。犯罪現場を見ているので証人にもなれます。「3」よりは「2」のほうがはるかにいいです。
「1」を選んだ方は正義感が強い方だとお見受けしますが無鉄砲です。説明文をもう一度読み返してください。事件が発生しているのは「アメリカの市街地」です。これがどういうことを示しているかはわかるはずです。
アメリカは拳銃を普通に売っています。拳銃の所持許可を本人が持っていなくても、親の銃をこっそり持ち出すなんて事は十分ありえます。ナイフを持っている可能性はもっと高いでしょう。
周囲にいた方々はその危険が分かっていたため手出しが出来なかったのです。罪悪感は感じても、返り討ちにあって下手をすれば命を落とすことになるのですから・・・。

正義感を持つことは重要ですし、犯罪をすることは許されないことです。しかし、自分を守れなければ意味はありません。周囲の状況を判断し、的確な行動をして、まずは自分の身を守ること。死んでは元も子もないのですから・・・。

戻る

トップまで戻る